読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美濃部憲法学を読む

帝国憲法から日本国憲法まで、「日本の憲法」について考えるブログです。

『憲法講話』1-2 政体の種類 2.君主政と共和政の特色

『憲法講話』原文

 君主政の特色

 君主政体の特色は自分の見る所に依ると国家の最高の意思が或る一人の人の決定する所に係り又は少くとも或る一人の同意を得なければ成立しないといふことに在ると思ふ。国家の最高の意思といふのは、国家の総ての活動の最高の源となるべき意思を謂ふのであります。

 若し成文の憲法を有する国であるならば、憲法が国家の最高の意思たることは言ふ迄も無いから、其の憲法を制定し又は改廃するの力が或る一人にのみ属し、又は或る一人の同意を得なければ之を決することが出来ぬ場合に於ては、其の国は君主政体の国であります。

 其の外、国政の実行の任に当つて居る大臣其の他の大官を任命するの権とか、国政の議決の任に当つて居る国会を召集するの権とかいふものは、何れも等しく国家の最高の意思たるべきもので、国家の活動の最高の源たるものであるから、此等の力が君主から出て居ることは以て君主国の特色となすべきものであります。

 

 歴史上に於ける帝国の政体

 之を我が国の古来の歴史に就いて見ても、国家の権力は長い間殆んど全く幕府の手に移つて、軍事上の権力も政治上の権力も、殆ど凡て幕府に依つて行はれ、朝廷は殆ど唯虚器を擁するに止るの有様であつたけれども、其れでも尚将軍宣下の権は朝廷に属して居つたので、天皇から征夷大将軍に任ぜられ、其の御委任を受けて始めて其れ等総ての権力を行ふことが出来たのである。権力の最高の源は尚常に天皇に在つたので、将軍の幕府は唯其の御委任に依つて元来天皇に属して居る権力を天皇の名に於て行つたものに外ならぬのであります。

 今日の有様に就いて見ても、国家の権力の全部が天皇御一人に属し、御一人の御随意に総ての政治を行はせ給ふといふのでないことは勿論である。法律を作るには国会の議決を経なければならぬ、裁判を為すには裁判所の独立の権限に依るのであつて、勅旨を以ても大赦特赦等に依るの外之を動かすことは出来ぬ、行政に付いても大臣の同意が必要で、天皇の御勝手に遊ばさるゝのでは決してない。

 けれども此等総ての制限に拘らず、国家の最高権力は尚常に天皇御一人に在るのであつて、法律は国会の議決を要するのであるけれども、其の国会自身は天皇の召集があつて始めて開会することが出来るものであり、法律も亦天皇の御裁可を得ねば成立することは出来ぬ。裁判所及び大臣は何れも天皇の任命に依つて、始めて其の地位に就き、其の権限を得るのであつて、其の権力の源泉は何れも天皇に在ることは言ふ迄もない。我が国が古今常に君主政体の国であるといふのは斯の如き理由に依るのであります。

 

 共和政の特色

 共和政体は之とは全く趣を異にして居る、共和国にも大統領といふものがあつて、稍君主に類した地位を有つて居りますけれども、大統領は決して国家の最高の機関たるものではない。大統領は国民から選挙せられて其の地位に就き、国民の委任に依つて其の権力を行ふ者で、其の権力の源は大統領自身に在るのではなく、国民に在るのであります。

 加之、大統領と国会との関係に付いて見ても、国会は大統領の招集を待たず自ら集会するの権を有つて居るし、法律を制定するのでも、憲法を改正するのでも、大統領は唯不認可権を行つて之を再議に附するの権があるばかりで、国会が尚堅く其の決議を固守する場合には、大統領の同意なくとも国会の議決だけで、法律を作り憲法を変更することが出来るのであります。其の君主国に於ける君主と全く地位を異にして居ることは明瞭であります。

 

 政体の再別

 君主政体と共和政体との区別は政体の最も根本的の区別でありますが、此の二大種類の中にも更に種々の体様があります。同じく君主政体の中にも種々の種類があるし、同じく共和政体と言つても其の種類は又非常に多いのである。

 

 

 ※美濃部達吉憲法講話』(大正7年)p32-35

  古字及び旧字体を新字体に改め、改行を加えた外は原文のまま。

  本文中の傍点は、「﹅」を太字、「○」を青字、「●」を赤字で表した。