読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美濃部憲法学を読む

帝国憲法から日本国憲法まで、「日本の憲法」について考えるブログです。

『憲法講話』(大正7年版) 目次

『憲法講話』原文

 憲法講話目次

 

 第一講 国家及政体

    一 国家の性質

    二 政体の種類

 第二講(上)帝国の政体

 第二講(下)天皇(其の一)

    一 天皇の国法上の地位

    二 天皇の大権

    三 天皇の不可侵権

    四 皇位継承

 第三講(上)天皇(其の二)

    五 摂政

    六 皇室法

 第三講(下)国務大臣及枢密顧問

    一 国務大臣

    二 枢密顧問

 第四講 帝国議会(其の一)

    一 議会の国法上の性質

    二 議会の両院制

    三 貴族院の組織

    四 衆議院の組織

 第五講 帝国議会(其の二)

    五 議会の権限(一)概説、立法に関する権限

    六 議会の権限(二)財政に関する権限

    七 議会の権限(三)形式的権限

    八 議会の権限(四)議院内部の事項

    九 議会の会議

    十 議員の権利義務

 第六講 行政組織

    一 行政組織総論

    二 中央官庁

    三 地方制度

 第七講 行政作用

    一 行政作用汎論

    二 行政作用の形式的分類

    三 行政作用の制限

    四 訴願及行政訴訟

 第八講(上)司法

    一 司法の観念

    二 司法の独立

    三 司法裁判所

    四 司法手続

    五 特別裁判所

 第八講(下)法

    一 法の本質

    二 法の種類

 第九講(上)制定法の各種

    一 憲法

    二 皇室典範皇室令

    三 法律

    四 国際条約

    五 命令

    六 自治団体の法規

 第九講(下)国民の権利義務

    一 国民の権利

    二 国民の義務

 第十講 帝国殖民地

    一 殖民地の意義

    二 殖民地の法

    三 殖民地の人民

    四 殖民地の行政組織

    五 殖民地の司法制度

 

 

 ※美濃部達吉憲法講話』(大正7年)より

  古字及び旧字体を新字体に改めた。